01-ACE

趣味の話題を取り扱うブログです。

P5310019











BMアクセラのマツコネアップデートでマツダディーラーへ行くことになったため、
新型ロードスターの試乗をしてきました。

グレードはS(6MT)になります。

【インテリア】

Sだけあって簡素です。メッキパーツも少ない。
マツコネもなく、センタートンネルには鍵入れ程度の窪み(収納)が多い印象です。
グローブボックスも廃止され、収納力は減りましたがロードスターはこんなもんでしょう。

気になったのはシート。
ファブリックながらデザインも良く質感が高いです。
ネット構造になったため、座るとNCのような固さはなく、体を包み込んでくれます。
ハイトアジャスターは排除されて、前面の角度調整になっています。
ドラポジ調整はテレスコもないし、他車よりは決まりにくい難い印象でした。
着座位置については背もたれを立て過ぎなのか、自分の座高が高いのか、NC比-2cmのシート高でもまだ高く感じました。

【エクステリア】

テールランプの横に長い部分はこんなに湾曲してたんだと改めて見て感じました。
個人的な感覚ではテールランプはやはりNCが好き。
フロントも好みでしょうね。
全体的なプロポーションではスポーツカーのスタイルでカッコ良いです。
リアフェンダーの下にちょっとした泥除けのようなプラスチックパーツが標準で付いていました。

色はソウルレッドが印象的ですね。目立ちます。
展示車が黒でしたがホイールもガンメタだけあってやたら真っ黒な印象。

【機能】

幌の開閉がとにかく軽い。アシストがかなり効いている。室内からの開閉が楽勝です。
NCでもセンターロックだし結構楽だと思ってたんですが、NDは上記に加えクロス幌なのもあってスムーズに開閉できます。ここは想像を上回っていたので結構驚きました。
P5310020











あとはドアの開閉、幌の開閉時にウィンドウが下がる細かい機能付き。
いるのか?いらないのか?あったら便利なんでしょう。

【サウンド】

スピーカーは音楽を聴いていないので分からず。
エキゾーストサウンドは「これが純正?」と思う程音質が作りこんであって気に入りました。
エンジンかかった瞬間に吹かしてくれるんですが、運転前にも気分が高揚します。

【試乗しての感想】

Sは990kgを達成している軽量モデル。
NCに比べさぞ軽快なんだろうと思い走り出すと、軽いという印象より「しっかりしてる」という印象の方が強いです。乗り心地も良い。
ペダルも変に右にオフセットしてないし、運転が楽な印象です。
ロードスター専用にチューニングされた1500ccのエンジンも癖がなくレブリミットまで軽快に吹け上がります。
しかしドカンとくる2000ccのMZRと違って刺激はありません。悪く言えば普通です。
試乗コースに坂道が無かったので力強さがイマイチ分からず残念。

6MTのシフトフィーリングはかなり良いですね。どこもしっかり入ります。
某所で乗ったNC1の6MTに比べると相当良くなっていると感じました。

ブレーキのタッチも流石です。必要なときに必要なだけの踏みしろで調整できる。
BMアクセラのカックンブレーキがダメ過ぎて余計に感じている部分もあるかもしれません。

【総評】

「NDは1t切り!軽い!」に夢を見すぎたのでしょうかね。
俗にいう軽いイメージ「ヒラヒラ感」は一つ前のデミオとかの方が全然あるんじゃないでしょうか。
ただ、「楽しい車か?」と言われれば間違いなく楽しい車です。
圧倒的なパワーも無いけど、凄くバランスの良い車に仕上がってる思います。
NCでは持て余していたパワーも街乗り&ワインディングに適正化され、シフト操作・アクセル・ブレーキ・クラッチの扱いやすさ、こんな運転しやすい車他に無いですよ。

・・・・で、これだけ持ち上げといてなんですが
「買いたいの?」と言われればグレーゾーン。

個人的なネックは価格とパッケージ。マツダは頑張っていると思います。ですが・・・
Sはマツコネもついておらず、パッとしないオーディオだけ。本当に抑えめの価格と軽さだけの印象です。
社外ナビも使えない状態ですから、スマホと連携したハンズフリー電話とナビは必須。そうなるとSSP〜になります。
そこから多少の装備、バックカメラ、ETC、ナビSD等を加えて諸経費を込むと見積額は300万を超えてしまいます。
そうなると他車の上位モデル、輸入車の選択肢も出て来る訳で。

同乗した販売課マネージャーの方と話をしていた際、自分がNDを気に入った旨を呟くと
「買いましょう!スポーツカーでも500万、600万する車でもないですし、お求めやすい価格となっています。」と。
・・・逆にこんな車をポンと買える男にならないといけないわけですね!(笑)

海外モデルの2リッターバージョンの日本導入やRHTの噂も囁かれている事ですし、
刺激で言えば絶対2リッターだし、青空駐車や手軽さでRHTも必要とされるでしょう。
今後何かしらグレードの追加はありえるでしょう。

あとはフルスカイアクディブ以降のマツダ車他種のレベルが上がりすぎてるんですよ。
ロードスターには唯一無二の魅力があるんですが、他は他で冗談抜きで良い車に仕上がっている。
BMアクセラしかり、それぞれが走りの面においても結構楽しかったりしますので。
マツダ内にも敵は多いです。

今までの試乗ではGJアテンザの2.2Dの圧倒的な力強さ&シートの出来、BMアクセラ1.5Gのエンジンサウンド&伸びの良さ。DJデミオのステアリングフィール&内装。など各車前型からの進化でちょっとした電気の走るような感覚を受けていましたが、そこまでのものが無かったのも要因の一つです。

今回の試乗でNDロードスターを購入したいというとても強い思いにはあと一歩及びませんでした。
暫くはお金を貯めつつ様子見ですね。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

トラックバック

トラックバックURL